投資

オンラインで始めるFX

・オンライン取引
現在、FXの取引は、そのほとんどがインターネットを利用したオンライン取引になっています。
オンライン取引では、顧客はパソコンやスマートフォンなどの
インターネットに接続された機器を使ってFX業者のサーバーにアクセスします。
基本的にFXは24時間取引が可能なので、生活スタイルに合わせられます。

この時、ウェブサイト閲覧用の一般的なブラウザーを使う場合と
各業者が提供するアプリケーションソフトを使う場合がありますが、
どちらでも基本的な取引(注文)に関する機能は備えています。

業者の提供するアプリケーションソフトは、
直接の取引に関する機能以外にも各種チャート閲覧やテクニカル分析による売買のサジェストなど
いろいろな機能が加わっていますので、ブラウザーベースのものよりは、
多くの情報が簡単に得られるようになっています。

また、スマートフォンなど画面の大きさが限られているような機器では、
業者の提供するアプリケーションソフトを利用することで、よりストレスのない利用環境が得られます。

・オンライン取引ツール
オンラインの特性を活かしたツールに
「システムトレード」と「自動売買」の各ソフトウェアがあります。
この二つは刻々と変化する為替レートをワッチして売買のタイミングを判断するものです。

自動売買は、その名の通りパソコンまたは業者のサーバー内のソフトウェアが自動で売買をするもので、
使用しているソフトのアルゴリズムが相場環境にあっていれば着実な利益が得られますが、
そうでない場合は損失を被ることもあります。
また、システムが不調の時にも損失がでることもあります。

システムトレードは、パソコンなどが売買の指示を出しますが、
売買は顧客自身が行なうというところが自動売買とは異なります。
このようなツールは、初心者ばかりでなく中上級者にも愛用している方がいるといわれています。

もし、コンピュータープログラムに詳しければ
ソフトのカスタマイズができるものもありますので利用価値は大きいといえます。
こちらのFXの仕組みとその始め方も参考になります。